その場合は、捜査機関が「知っていたことの立証」を行うことになる。 もちろん、本当に知っていたかどうかは、本人の頭の中を覗かないとわからない。 しかし、客観的な証拠を固めることで、裁判で「実は知っていた(つまり故意犯であっ […]

Read More